石打リフト物語(3)

先日、常宿に張ってあった
昔のゲレンデマップを撮ってみました↓

扇平ゲレンデって、
プライベートゲレンデっぽかったですよね


中央第一に併設されてるペア、
知らないなぁ〜


ハツカ石スーパーの隣も、ちょっと違う


山頂リフトの乗り換えも
懐かしいですね。
下のペアリフト2基は、
今よりもずっと混んでた記憶がありますよ

97年のポスターですね。
あの頃に戻りたい・・・

こんなリフトあったんだ
っていう発見もありますね〜

今後の注目は、やはり
マットのシングルリフトですね。
あと何年もたせるか。
ここまでくると、
歴史的建造物に指定してもいいかも


石打滑走最終日


多分、今日で石打に行くのは
最後になりますね。

石打での滑走日数、僅かに10日。
随分少なかったですが、
その内6日は講習に入れたので、
かなり多くの発見がありました。

今回の春コブキャンプは、
技術的な手応えがいくつかあったのも良かったですが、
いつもの常連さんと和気あいあい楽しめたのが、
本当に良かったです♪
ご一緒頂いた皆さん、ありがとうございました!

スキーの技術向上は、まだまだ道半ばですが
来季以降も、こういう機会は大事にしていこうと思います。

「諸般の事情」により、当面は
滑走日数を稼げない身となってしまいましたが、
スキーは「生涯スポーツ」です。
ずっと、末長く付き合っていきたいなと
思ってます。

スキーと出会えたことに、
感謝です!!

石打リフト物語(2)

第二回は、大丸山ペアリフト


ここも1回だけ乗った記憶が。
多分2000シーズン頃に・・・



写真は2枚とも、2006シーズンの撮影です。
この頃は、もう営業はしていませんでしたね。

この2人乗りリフト、
正式名称は「チェアリフト」ですが
日本では「ロマンスリフト」と一般的に呼ばれていましたね。
「ロマンス」・・・

きっとバブルの頃は、
たくさんの「ロマンス」を生んだのでしょうね・・・

ビッグプレゼント

今季から、シーズン券を買わなくなったので
リフト券を使って、この懸賞に応募できるんですよね〜

でも、リフト券自体を手元に取っておきたいので
まだ一度も応募したことがないですね〜

来季のシーズン券か、お米が当たるんですが、
結構な確率で知ってる方が
当選していますね〜
今回も

次こそは応募しようかな〜

石打リフト物語(1)

初めて石打に行ったのは、97シーズン
当時は、まだ今よりもたくさんのリフトが架かってたし、
2つほどコースも多かったですね。

観光口にも、
ペアリフトがもう1機架かってましたね。
いつもの4人乗りに乗ると↓


コースの中央に見えてきました。


2005年の撮影です。

このペアには、1回しか乗ったことがなかったですね

いつも滑ってる方、
ちょっと違う風景に見えませんか〜?

そういう意味では、同じスキー場ですが
変遷しているんですよね〜


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM