スキーヤーと仕事の関係

数日前に読んだニュース記事では、

スキー人口減少の背景には、

「スキーを続けられるだけのお金が無い」

こともあるって書いてありました。

 

それはそうですよねふぅ~ん

スキーを行楽とか遊びと捉えれば、

それに使えるお金が無いと、そもそも行けない。

まっ、ここ数年の管理人も

住宅ローンをはじめとした負債まみれだから

滑れない、ってのもありますがねたらーっ

 

厚労省の賃金構造基本統計調査によると、

昨年度の労働者の全国平均月収は¥304,500だそう。

家賃や食費などの生活費を差し引いて

残る可処分所得がどれだけあるか、ですよね。

 

石打の常連さんには、

1日当たりのリフト代が¥2,000を切る人が多いですが

管理人は今回、1日当たり¥4,000。

そして往復の新幹線代と宿代、昼食代。

忘れてはならない講習代たらーっ

 

まぁ、安くはない趣味ですよねぇ〜

 

仮に仕事を失ったとしたら、どうなるか。

スキーは、真っ先にカットされる支出先に分類されるでしょう。

そう言った意味でも、仕事をし続けることが

スキーヤーであり続けることの条件になるでしょう。

 

管理人の考えは、

「高給で続けるのが苦しい仕事」よりも

「ある程度の給与で、楽しく長く続けられる仕事」がよい。

やっぱスキーは続けたいですからね〜ウィンク

 

「長く続けられる仕事」とは

「自分に無理をしていない仕事」とも言えます。

「頑張れば出来る仕事」はこれに入りますが、

「嫌いな仕事」はこれに入りません。

 

「好きな仕事」で「ある程度の給与」を維持するのは、

簡単なことではないと思います。

そのためにも、

「今の自分の立ち位置から、今何ができるか?」を

常に考えて自己刷新を行っていくことが大切だと思います。

 

スキーヤーであり続ける為に・・・わーい

 


内脛の前傾

ようやく練習ノートを書き終えましたわーい

こちら

あとは、週末に動画を見ながら、

追記できるコメントがあれば書こうと思います。

 

さて、今回の練習で最もクローズアップされたのは、

「内スネの前傾」。

これが出来ていることで、安定した姿勢を作れ、

外足をしっかり使える位置に入れるということですね。

 

観光のダイナミックBで、

ショートターンの中でやってみました↓

 

いやー、切り替えで内スネの角度が緩みますたらーっ

そしてターン後半のエッジングが強い!

講習内容を十分に消化できていませんな撃沈

 

イメトレとストレッチ、頑張ります


モツ煮〜♪

管理人は以前からモツが好きですね(^-^)

「こてっちゃん」にビールは、

休日の定番だったなぁ〜

 

越後湯沢駅のコンコースには売店が並んでますが

こちらを初めて食べました↓

 

ネギ一杯で、美味い!

滑った後の疲れた体に

いいスタミナ補給になりましたよ♪

 

初めて石打に新幹線で行ったのは、

1996シーズン。

あれ以来、何度も湯沢駅を使ってますが

まだ未経験なフードはいろいろありそう。

 

次も何か試してみたいなぁ〜


バブル再来!

昨日10:24の石打山頂リフト↓

 

山頂リフトが架け替えられた後、

こんなに混んでる風景は見たことがないかも。

リニューアル効果はすごいですね‼

 

昨日の帰りは、中央口のシャトルバスに乗ったんですが

車内は異国の香りがプンプン😅

 

そして帰宅後、練習ノートに取りかかったのですが

充分な睡眠時間が確保出来ない時間になり

挫折😑

日曜日までに完成させますので

暫しお待ちを。。。


充実の石打3日間

いやー、いい3日間でした!

前半2日間でしっかり課題を頂き、

ラスト1日で復習。

最高に充実した石打でした(^-^)

 

3日間、ほとんど降られることもなく、

素晴らしい天気↓

今朝は北丸山の整地で

運動の確認♪

 

今日は

新しいリゾートセンターにも

行ってみましたよ↓

中に誰かいるぞ(笑)

 

取り敢えず、今日のうちに

練習ノートを形にしておきます(^-^)



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM