廃線探訪◆柄襍敕典づ監察長日向駅)

これは、 けっこうマニアな領域に入りますよ

白糸ハイランドウェイの「長日向」バス停から
別荘地を抜けて山奥に入ります。
営林署が車両通行止めにしてて、歩いて10分ほどで
軌道敷跡に到着↓

合流地点から長日向駅方向を見た風景。
フツーの人なら「単なる山道」にしか見えないこの道。
しかし、我等テツが見ると
何とテツの香りがする道なんでしょう

意気揚々と歩を進めます↓


草軽は工事費を抑えるために、
山の等高線に沿って軌道を敷いたので
トンネルがなく、くねくね曲がりながら進みます。

列車は時速15kmくらいで走っていたので、
少し走りながら横の景色を見ると
まるで草軽に乗ってるような雰囲気になりました
(かなりのビョーキです

そして、長日向駅跡に到着↓


これもフツーの人が見れば「ただの広くなった敷地」
でも明らかに駅の跡なんですよ。

古瀬温泉寄りから駅全景↓


同じ場所の1959年↓

54年も経つと、木々も相当成長するんですね〜

この付近には「柳川橋梁」跡をはじめ、いくつかの跡があるようです。
次に行く時の楽しみに取っておくことにしました

関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM